読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Just Melancholy

140字の小説をほそぼそと流します。本(ナンデモ)を読むことと旅(京都と外国)に出ることと文章を綴ることが大好きです。

【 本 】知るとは何か? 伝えるとは何か? 現代社会の普遍的テーマを描いた名作-『王とサーカス』

発売されたばかりの本なので、あえて曖昧に書いています。わかりにくい文章である点は、ご容赦ください。 太刀洗万智。新聞社を辞めたばかりの彼女は、ネパールのカトマンズにいた。雑誌社からの依頼で、海外旅行の記事について取材するためだ。投宿した宿の…

【 本 】子供が信ずるもの、大人が信ずるもの-『リカーシブル』

都会から坂牧市へ引っ越してきた三人の親子。越野ハルカと弟・サトル、そしてふたりの母。坂牧市はシャッター商店街を町の中心に持つ、没落しつつある典型的な地方都市。道路ぎわには高速道路誘致を訴える看板。子供の数が減り、空き教室を抱える学校。ハル…

【 本 】ただ走るには長すぎる、すれ違う心の距離-『ふたりの距離の概算』

5月末の今日は、二〇〇〇〇メートルの距離を走りぬくマラソン大会、称して、神山高校星ヶ谷杯。大会にうんざりする一方で、折木にはどうしても今日中に決着をつけねばならないことがあった。それは新入部員の進退問題。2年生になった古典部メンバーが初め…

【 本 】「手短に」はいかない、「遠まわり」するから青春なんだ-『遠まわりする雛』

『氷菓』『愚者のエンドロール』『クドリャフカの順番』と長編が続いてきた古典部シリーズは、ひとまず3巻目にして一段落。シリーズ第4弾となる本作は、初の短篇集。主人公・折木奉太郎とヒロイン・千反田えるが出会った4月から春休みまでの一年間がさま…

【 本 】決定版!? 「クドリャフカ」の本当の意味とは、こういうことだ!-『クドリャフカの順番』

文化祭で頒布する文集からそこで上映される映画へとモチーフをつないできた本シリーズ。今まで遠目にしか見えてこなかった神山高校文化祭、通称「カンヤ祭」が本作でいよいよ始まる。だが、文化祭へ向け、古典部メンバーの胸中を暗く満たすのは、摩耶花の手…

【 本 】彼女は、なぜ江波に頼まなかったのか? ひと夏のミステリー-『愚者のエンドロール』

夏休みの一日、上級生の入須冬実によって視聴覚教室に呼び集められる古典部の面々。彼女のクラスが文化祭に向け制作している映画の講評を求められる。映像には、ある廃館を舞台にした密室殺人事件が映しだされるが、それは犯人が判明する前に途切れた。すな…

【 本 】伝統ある古典部の再生、シリーズ開幕-『氷菓』

今さらという声が山ほど聞こえてきそうですが、米澤穂信さんの『氷菓』をご紹介します。米澤さんの作品では、以前『さよなら妖精』を紹介しました。というのは、こちらはアニメ化されていないからです。『氷菓』のほうはアニメになり、一定(アニオタ)層の…

【 本 】「哲学的意味がありますか?」、妖精がおりなす青春ミステリー-『さよなら妖精』

バルカン半島の代名詞といえば「ヨーロッパの火薬庫」。 なぜ「火薬庫」なのかをきちんと説明するには『坂の上の雲』全8巻分くらいのボリュームが必要。兎にも角にも、めちゃくちゃ複雑なのです。 荒っぽく要約するなら、民族と宗教と国境が入り乱れている…