読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Just Melancholy

140字の小説をほそぼそと流します。本(ナンデモ)を読むことと旅(京都と外国)に出ることと文章を綴ることが大好きです。

【140字小説】#0002

無闇矢鱈に撫でればいいものではない。女の子と同じでルールがある。喉の下をくすぐると気持ち良さそうに目を細める。手をお尻へ持っていき、尻尾の周りをナデナデすると、尻尾を真っ直ぐピンと立たせ、そのまま体を私の足に摺り寄せてくる。しめしめと思った途端に、どこかへうらうら行ってしまった。