読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Just Melancholy

140字の小説をほそぼそと流します。本(ナンデモ)を読むことと旅(京都と外国)に出ることと文章を綴ることが大好きです。

【140字小説】#0032

砂の城が崩れるように、あなたの返信はどんどん短く、つれなく、間遠になっていく。それはもはや言葉ではなくて、記号だった。解読するほどの裏の意味もないのだろう。記号には信号を返すだけ。わたしの心を占めているのは、点と線。匂いも暖かさも厚みも音もない世界。不在こそがわたしの存在の証明。