読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Just Melancholy

140字の小説をほそぼそと流します。本(ナンデモ)を読むことと旅(京都と外国)に出ることと文章を綴ることが大好きです。

【140字小説】#0037

川べりのレストランで転勤になるボクにささやかな歓送会。友人たちは妻の同伴を望んだ。会が開き、駅へ移動する途中で妻が「熱がある」と言う。手近なベンチに腰掛け、休む。川を挟んで、さっきのレストランが見えた。川面に店の明かりが反射し、ゆらめく。熱のこもる妻の体から憧憬の匂いが立ち昇る。