読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Just Melancholy

140字の小説をほそぼそと流します。本(ナンデモ)を読むことと旅(京都と外国)に出ることと文章を綴ることが大好きです。

【140字小説】#0039

初めて部屋で幽霊を見たときはやっぱりびっくりしたよ。でも、いつの間にか室内をうろうろさまよう姿は風景になっていた。私が話しかけると「うっ」とか「あ…」とか返事をしてくれるんだ。声を出せるなら、たまには何か話しかけてくれてもいいのにさ。私は朝も昼も夜も、いつだってここにいるのにね。