読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Just Melancholy

140字の小説をほそぼそと流します。本(ナンデモ)を読むことと旅(京都と外国)に出ることと文章を綴ることが大好きです。

【140字小説】#0043

踏切を越え、しばらく行ったところにその本屋はあった。おもての通りにひとの往返はないのに、店の中はとても賑わっている。棚に並ぶ本はどれも見たことがない。何て胸はずむ本屋だろう。そうか。ここへ入るひとはいても、出ていくひとはいないのだ。私は棚の隙間の出口なき迷路をとこしえにさまよう。