読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Just Melancholy

140字の小説をほそぼそと流します。本(ナンデモ)を読むことと旅(京都と外国)に出ることと文章を綴ることが大好きです。

【140字小説】#0045

赤いソファに深く沈み、珈琲を口に。気取られぬよう、素早く視線を隅々に走らせる。スタッコのうえに塗りつけられた、装い正しい紳士と淑女がぎこちなくカップを手にする。天井から降り注ぐ交響曲の滝が彼らのひそめきを聴き取らせない。百年前の珈琲の香りを百年後のわたしが胸の奥深くに仕舞い込む。