読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Just Melancholy

140字の小説をほそぼそと流します。本(ナンデモ)を読むことと旅(京都と外国)に出ることと文章を綴ることが大好きです。

【140字小説】#0053

窓から吹き込む花嵐。靄がかる遠くの野辺も花吐息。ガラスの器には色とりどりの飴玉がぎっしり詰まる。わたしは一番うえにある花色を指先で摘むと、ぽんと口のなかへほうりこむ。途端、花の色が唇を染め、花の薫りが胸いっぱいに広がる。ここに居る花を愛でてくれる人はおるまいか。急がぬと散るぞよ。