読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Just Melancholy

140字の小説をほそぼそと流します。本(ナンデモ)を読むことと旅(京都と外国)に出ることと文章を綴ることが大好きです。

【 本 】面白きことは良きことなり!狸と天狗と人間の三つ巴-『有頂天家族』

有頂天家族

京都では、狸と天狗と人間が共存しています。
狸は物陰を徘徊し、天狗は大空を舞い、その真ん中に人間さまがどんと居座っている。「そんな馬鹿げた話」と思うひと、ぜひ本書『有頂天家族』でその事実をお確かめください。

 

下鴨神社糺の森に暮らす狸、下鴨総一郎。
彼には妻と可愛い四匹の仔狸がいましたが、彼らを遺し、総一郎は人間に捕まり狸鍋にされてしまいます。

京都狸界の重鎮だった父とはうってかわり息子たちは、どれもいまいち頼りない。

生真面目だけどすぐにテンパる長兄・矢一郎。
事情あって、井戸の底で蛙になっている次兄・矢二郎。
面白けりゃいいという部分だけ父の血を継いだ三兄・矢三郎。
臆病で、すぐに化けの皮が剥がれる末っ子の矢四郎。

ときは流れ。
次の狸界の代表を決めるべく、二匹の狸がしのぎをけずる。
一匹は総一郎の弟、夷川(えびすがわ)早雲。もう一匹は、長兄の矢一郎。両者はもちろん叔父と甥の関係だけど、是が非でも代表の座を手にしたい早雲はあの手この手の悪巧みで四匹と母を窮地に陥れようとします。


天狗社会の覇権争いに破れ、落ちぶれた老天狗。
天狗と狸たちを手のひらで転がす弁天。
姿は見せねど、四兄弟の味方、早雲の娘・海星。
そして、狸鍋の「材料」を捕獲すべく画策する人間たち。

めいめいの思惑が錯綜し、大混乱を極めたとき、風神雷神が京都の町に風雲急をもたらします!

 

京都が好きで、年に何回か訪れます。

森見登美彦さんの小説はその「京都」がふんだんに使われていて、行きたくても行けないときのフラストレーション解消にもってこい。
物語はコメディタッチ、しかもラストはとてつもないスペクタクル。痛快というか、こんな街が本当に自分の暮らすそばにあったら楽し……いや、大変かな?
狸たちがケンタッキーフライドチキンを喜んで食べる描写は可愛くて萌えます。
これまでにも『夜は短し歩けよ乙女』『太陽の塔』『四畳半神話大系』などを読んできました。そのどれもが独特の余韻を醸し出す、まさに森見ワールド。 

  

実は本作、アニメにもなっていて(わたしは観ていませんが)、聖地訪問のサイトも結構あります。それなんかを見てもらうと、作品の雰囲気を感じてもらえるんじゃないかな。

ukatensei.blog50.fc2.com

ukatensei.blog50.fc2.com

※こちらのサイトは情報量がハンパないです。ほとんどのシーンを網羅している感じです。

 

『有頂天家族』、最近続刊が刊行されたばかりで、それであわくって読んだ次第。いや、やっぱり面白い。読んで良かった。ということで、今日早速続きを買ってきたいと思います。
活字に抵抗があるひとはアニメからでもいかがでしょうか。
化けの皮が剥がれた本当の京都の姿を拝めますよ♪

 

有頂天家族 二代目の帰朝

有頂天家族 二代目の帰朝

 
有頂天家族 (幻冬舎文庫)

有頂天家族 (幻冬舎文庫)

 
夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)

夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)

 
太陽の塔 (新潮文庫)

太陽の塔 (新潮文庫)

 
四畳半神話大系 (角川文庫)

四畳半神話大系 (角川文庫)