読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Just Melancholy

140字の小説をほそぼそと流します。本(ナンデモ)を読むことと旅(京都と外国)に出ることと文章を綴ることが大好きです。

【140字小説】#0062

鳥居からまっすぐ参道を来ると、白い玉砂利を敷き詰めた拝殿の前に出る。辺縁に並んだ灯籠には炎が揺れる。夜空から降りてきて明るく照らす月影に玉砂利は青みがかった光を返し、足元から霧が湧きたつように世界を発光させる。にわかに周囲がさんざめく。ひとは眠って、神が舞う、午前三時、寅一つ時。