読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Just Melancholy

140字の小説をほそぼそと流します。本(ナンデモ)を読むことと旅(京都と外国)に出ることと文章を綴ることが大好きです。

【140字小説】#0073

140字小説

足もとに眠る四匹の式神。その名も、ソオド、ペンタ、カプス、ワンダ。撥条アシをした彼らは、神々に使役されつつも、いとも軽やかに宵闇の空を駆けてゆく。ひとに喜びを伝える福音の使者ともなれば、嘆きをもたらす鬼胎の伝令ともなる。彼らの身体が軋みの音を発し、重い目蓋が開く。目覚める時間だ。