読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Just Melancholy

140字の小説をほそぼそと流します。本(ナンデモ)を読むことと旅(京都と外国)に出ることと文章を綴ることが大好きです。

【140字小説】#0077

140字小説

夜道の街灯の下に佇むピエロ。ジャグリングする手からは、蝶やナイフや香炉や六分儀やブロッターが光彩をまといながら宙に放たれる。わたしの夢だったものもその中にあるような気がして、しばし見とれる。笑顔の下に歪んだ顔を隠すピエロがそれらを落とすと、割れて消える。寂しい街灯だけが残された。