読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Just Melancholy

140字の小説をほそぼそと流します。本(ナンデモ)を読むことと旅(京都と外国)に出ることと文章を綴ることが大好きです。

【 本 】(リライト)願いを叶えるために十二人の戦士がバトルロイヤルを繰り広げる-『十二大戦』

///西尾維新『大斬』。小畑健中山敦支金田一蓮十郎ほか総勢9名のマンガ家たちがそれぞれのイマジネーションを駆使し、西尾維新さんの原作にビジュアルの血肉を与える。コメディあり、ホラーあり、青春あり。とても一冊のマンガとは思えない内容の幅広さと目まぐるしさ。最初から最後まで西尾ワールドに陶酔しっぱなし。 

///『荒川アンダーザブリッジ』『聖☆おにいさん』の中村光さんが担当したのは『どうしても叶えたいたったひとつの願いとわりとそうでもない99の願い』という長ったらしいタイトルの作品。サンマーク出版から出ている自己啓発本なんぞのようですが、これが今日紹介する『十二大戦』の後日談。

///『99の願い』冒頭のモノローグ。

十二年に一度開催される十二大戦
干支の名を宿す十二人の猛き戦士が
互いの生命と魂を賭けて殺しあう儀式
この戦いに勝ち残った者はどんな願いでも
たったひとつだけ叶えることができるのだ──
で。
第十二大会の優勝者
俺。
おめでとう! 

///十二大戦・第十二大会の優勝者、俺=寝住(ねずみ)くんが優勝賞品である〈たったひとつの願い〉のために七転八倒するようすを描いたのがマンガ。その彼がどのようにして先の『十二大戦』を勝ち抜けたのかについて書き綴ったのが小説。

///いきなり関係ない話をぶっこむけど、今なら、西尾維新先生→『物語シリーズ』→阿良々木暦神谷浩史さん→結婚→中村光さん、腐女子界隈メルトダウンってなものですナ。まあ、狂気の代名詞でもあるファンという生き物は、あらゆる出来事が自分に関わりがあるように見えてしまう特殊能力を備えているので仕方ありません。

///十二大戦第十二大会に参加した戦士の名前を干支順にご紹介。

寝住(ねずみ)(本名・墨野継義)
失井(うしい)(本名・樫井栄児)
妬良(とら)(本名・姶良香奈江)
憂城(うさぎ)(詳細不明)
断罪(たつみ)兄弟・兄(本名・積田長幸)
断罪(たつみ)兄弟・弟(本名・積田剛保)
迂々真(ううま)(本名・早間好実)
必爺(ひつじい)(本名・辻家純彦)
砂粒(しゃりゅう)(本名・柚木美咲)
庭取(にわとり)(本名・丹羽遼香)
怒突(どつく)(本名・津久井道雄)
異能肉(いのうのしし)(本名・伊能淑子)

キャラクターのネーミングで遊んでいるのは毎度のこと。それに比べて本名のフツーさが目を引いてしまう。ただ、この本名、物語にはほとんど関係ないからね。つくづく何のために考えたんだか分からない反面、プロってこういう読者の目の届かないところまできちんと考えておくのね、と感心もしてしまった。

///それぞれに個性の強い登場人物たちなのだが、そのなかでも特筆は憂城(うさぎ)。上半身裸で蝶ネクタイ、パッツンパッツンのパンツをサスペンダーで止め、頭には兎の耳をつけている。で、そんなストリーキングみたいなのが両手に刃物をもって追いかけてくる。『八つ墓村』の田治見要蔵も顔負けのビジュアル。

///伊能肉(いのうのしし)が両手にもつ二丁機関銃『愛終』と『命恋』。書くまでもないとは思うけど、もちろんこれは『哀愁』と『命乞い』のもじり。機関銃についた名前が「愛の終わり」と「命がけの恋」ってんだからどんな梶芽衣子、どんな修羅雪姫なの。わたし的には本作で一番のヒットでした。

///各章の扉には、戦士たちが優勝して叶えたいものが書いてある。「平和」や「正しさ」という哲学的考究から「自分」「才能」といったやや中二っぽい問題まで。ちなみに寝住くんは「夢が欲しい。」、問題児・憂城くんは「お友達が欲しい。」です。そうかー、お友達が欲しかったのかと、あまりに真っ当なお願いにデペイズマンを感じてしまいます。

///あとがきで西尾さんが書いています。

『たったひとつだけ願いが叶うとしたら?』というのは、誰もが一度は考える問いだとも思いますけれど、結局そういうときに問われているのは、『何を望んでいるか』ではなく、『自分には何が足りないか』なのかもしれません。足りないものを欲することこそ、人の業ですか?

足りないものを求め、世界を遍歴するのは物語の基本。
矢部崇『〔少女庭国〕』にも書いてありました。

「お話ってどう書くの?」「知るか」君子が笑った。「え、だから、出る人物に何か欲しがらせて、手に入れるために行動させんだよ」

///冒頭で紹介した『どうしても叶えたいたったひとつの願いとわりとそうでもない99の願い』では、寝住くんがようやく手にした願いを叶える権利とその顛末が描かれています。もし仮にほかの戦士たちが勝者として「足りないもの」を手に入れられたならば、次にどのような物語が待ち受けているのかも興味が尽きないところ。 

 ///けっこう、戦士たちの最後が悲惨で、だれがどれとは書きませんが、首チョンパだったり、胴体切断だったり、ゾンビだったり、頭つぶされたり、粉微塵だったりします。まあ、このあたりのグロテスク趣味は西尾さんの趣味か、過激なものを求める読者へのサービスか。

十二大戦

十二大戦