読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Just Melancholy

140字の小説をほそぼそと流します。本(ナンデモ)を読むことと旅(京都と外国)に出ることと文章を綴ることが大好きです。

【マンガ】お伽話の世界に飛び跳ねるうさぎたち-『ご注文はうさぎですか?』

ご注文はうさぎですか? (1) (まんがタイムKRコミックス)

 

タイトルにぞっこん惚れてしまった。
ご注文はうさぎですか?
なにこのタイトル、文学性に溢れるっていうか、詩情に溢れるっていうか、んー、もう、ただただ素敵。
しかし、マンガが進むに連れて、けっこう重い(?)事情があることを知り、それはそれで笑ってしまったのですが。

けいおん!』が劇場版も含め終わってしまい、虚脱しているときにあれこれ読んだんですが、いまいちコレジャナイ感。
そのときにタイトルに惹かれて読んだ、この『ごちうさ』のココアちゃんが、わたしのなかではもろに平沢唯ちゃんにかぶってしまいました。
天然ボケっぽいところと、お姉ちゃんらしくないお姉ちゃん属性がたまりませんな。
あ、髪留めもふたつつけてるし。

喫茶店「ラビットハウス」に下宿することになったココア。
そこにいろんなタイプの女の子があらわれるんですワ。
軍人リゼ、和風千夜、ツンデレシャロ、ちんまりチノ。
あ、あらわれると言ってもチノちゃんは大家さんの娘さん。
そんな彼女たちが、ヨーロッパの街並みをモデルにしたお伽話っぽい世界でうさぎのように可愛らしくピョンピョン飛び跳ねる。

しかも、ラビットハウスで働く三人は、設定上は血のつながりがない他人同士ですが、理想ともいうべき三姉妹を演じます。
怖いけど面倒見も抜群な長女役のリゼ。
上下に挟まれ独特の天然ボケを発揮する次女役ココア。
ここ一番ではお姉ちゃんたちに守られるひな鳥のような末っ子チノ。
あーーー‥‥‥、書いているだけでも幸せ。

ちなみに、アニメ版は一話だけ見たのですが、が、が、が。
キャラクターの造形が全体的に丸っこくて、これまたいまいちコレジャナイ感。
アニメ版が好きなひと、ごめんね。
わたしの審美眼が狂っているだけかも知れないので。
な、もんですから、アニメのほうにはあまりはまらず、コミックを読み返してはうさぎの「もふもふ」に癒やされておるわけです。

オススメです♪

でも、二期確定なんだよね?
ってことは、やっぱアニメ版もいいのか‥‥‥。

 

ご注文はうさぎですか? (1) (まんがタイムKRコミックス)

ご注文はうさぎですか? (1) (まんがタイムKRコミックス)

 
ご注文はうさぎですか? (2) (まんがタイムKRコミックス)

ご注文はうさぎですか? (2) (まんがタイムKRコミックス)

 
ご注文はうさぎですか? (3) (まんがタイムKRコミックス)

ご注文はうさぎですか? (3) (まんがタイムKRコミックス)