読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Just Melancholy

140字の小説をほそぼそと流します。本(ナンデモ)を読むことと旅(京都と外国)に出ることと文章を綴ることが大好きです。

【140字小説】#0030

遠くで花火のあがるドーン、ドーンという音がする。しかし、この部屋には沈黙が広がるだけ。世界から切り離されてしまったかのようだ。ほんの少し前まではあんなに騒がしかったのに。どれだけわたしが懇願しても、あのひとの拳は振りかざされた。今はソレもわたしの足元に転がっている。ああ、静かだ。